Service Beamとは、Webコンテンツ運営が正常に行われているかを、ユーザー目線でシステム監視できるアプリケーションです。

Service Beamでは、次の4つの視点から監視を行います。

 ・見た目 ・時間 ・ソース ・文字

具体的な監視方法は、

@ ユーザの操作手順をシナリオとして作成し、
 その際マスタデータ(正常値の基準となる画像・HTMLソース・レスポンスタイム値)
 を記録します。                 ↓
A @で作成したシナリオを再生させ、再生時点のデータを取得し、
 マスタデータと比較します。
                ↓
B Aでデータに差異があった場合、ログにエラーメッセージを出力します。
 (通知・アラート機能などもあり)。

この@〜Bを定期的に繰り返すことにより、
24時間365日、リアルタイムでの監視が可能となります。