Service Beamは、ブラウザに表示されたWebコンテンツを元に監視を行うアプリケーションツールです。


 Service Beamには、以下の優れた特徴があります。
ユーザの操作手順を「シナリオ」として記録します。記録時に表示されたWebコンテンツデータが、監視の際の正常基準となります。
「シナリオ」の再生と同時に自動でリアルタイムに比較します。
Web改ざん及び稼動状況を、再生と同時に監視します。
監視中のデータ(画像・HTMLソース・レスポンスタイム値)は、証拠として自動的に保存されます。
改ざん・エラーがあったファイルは、差異箇所をマスクして別フォルダに保存することができます。
画像・HTMLソース・レスポンスタイム値それぞれに閾値の設定ができます。
監視サイクルを指定したり、監視時間外を設定することができます。
同時に複数のWebサイトを監視することができます。
サイレントモード(IE非表示)で監視することができます。
改ざん・エラー発生時には、必要に応じてアラートやメールなどで通知させることができます。
改ざん・エラー発生時には、必要に応じて自動修復させることができます(オリジナルコンテンツへの置き換え、サーバの再起動など)。